伊原のゴールデン・レトリーバー

秋のキャンプね。昔は、秋って、キャンプじゃあなくて、開放戦を通していたのよね。けれども、今は、いつの仲間も、開放戦をやらずに、キャンプやっていますよね。けれども、1個、クエスチョンあって、秋に練習しても、12月、1月は、練習しないというか、ユニフォームを着ないですからね。ですから、1度は、筋肉を緩めてしまうから、よくやっても2月の頭には、戻ってしまうので、あれれ?って、おもうことはありますけれどもね。それでも、逆にいうと、ここで、相当いじめて、ケガをしても、ほんとに、半年被害が治らないとかは、別ですが、2,3ウィークの被害ならば、ディスカウントの間に、被害が癒えるという結果、何とかなるとおもいますけれどもね。ですから、多少、ケガノリスクを、背負って、強めるということもできるのも、聞き取れるのが気がします、で、どうなんですかね?じつはね。ってところで、意外と、そんなことは、どうでも良いのですけれどもね。ってことで、サイナラ。

丹野が操(みさお)

久しぶりにカチンと来たね。
打たれて、それで捻くれるのは良いけど、縁台から配球の読み出しであれ投げろ!って徴候だしたら、縁台の指導でキャッチャーの直観とかそんなのを無視してやっていて、打たれたら、それは投手の捕手の役割なんですか?ってことに。
それ、変えたほうが良いよ。どなたは言わないが、昨日の友人の話であるとね。そういうことがまかり通って要るという業者ね。
もはや変えないといけないでしょうね。そうでなければ、無策、無抵抗にキャッチャーも打たれるようなそんな配球をしないでしょうしね。
で、役割はだれ?という話にはならないのかね?って。打たれた投手がちゃんと投げないからってことになったら、それこそ最悪ですよ。およそ、投手に打たれても、縁台からの指導なんではなはだ投げろってね。説得する投手にする場合はあるかもしれないけれどもね。
マジ、ダメだわ。こういう首脳らがね。今期でやめて味わうしかないわ。これはね。手強いわ。
艶つや習慣を楽天・通販・販売店で比較ナビ@口コミ評価レビュー